学校法人同志社 HOME > News一覧 > 法人内中学校・高等学校テニス部交流試合を開催しました

2012.12.23 法人内中学校・高等学校テニス部交流試合を開催しました

12月23日(日)、大学京田辺校地テニスコートにおいて、大学体育会テニス部、同OB・OG会の主催により、「法人内中学校・高等学校テニス部交流試合」が開催され、220名の参加者が集まった。

昨年に続き2回目の開催となる今回の交流試合は、オール同志社テニスプロジェクトの一環として法人内テニス部の縦組織の連携強化を計り、次世代の体育会テニス部選手を育成することを目的としたものである。

大谷實総長は、すべての関係者に謝辞を述べると共に、生徒諸君には、スポーツができるという感謝の気持ちを忘れないようにし、決してあきらめずに最後まで頑張りぬく精神、同志社スポーツ伝統の3F(Fighting spirit , Friendship , Fair play)の精神、そして、良心を胸に、常に勝利を目指してほしい、また、文武両道であり、高校や大学進学後、テニス部の中心選手となれるよう努力してほしいとのメッセージをおくった。

表彰式では、当日の成績が優秀であった同志社国際中学校(男子の部)、同志社女子中学校(女子の部)、同志社国際高等学校(男子の部)、同志社女子高等学校(女子の部)にそれぞれ「総長杯」が授与された。

なお、当日は、高校生vs大学生のエキジビション・マッチとしてシングルス6試合、ダブルス2試合も実施され、いずれの試合も大学生が勝利したものの、ゲームカウントも内容も競った試合が多かった。交流戦終了後は各校を担当した大学生による技術指導が行われた。高校生にとっては大学生の力を肌で感じる、有意義な経験になったと思われる。

記念式典の様子

記念式典の様子

記念式典の様子
ページの先頭へ

同志社創立135周年記念事業

創立135周年記念募金のご案内

学校法人同志社 学校一覧

同志社の文化財建築物

新島旧邸と同志社の文化財建築

新島襄永眠の地 ―forever―