学校法人同志社 HOME > News一覧 > 入社式を挙行しました

2017.4.3 入社式を挙行しました

 

 2017年4月3日、新たに85名の新入社員を迎えるにあたり、神学館礼拝堂において入社式が挙行された。前奏に始まり、讃美歌斉唱、横井和彦大学キリスト教文化センター所長の聖書朗読ならびに祈祷、桜井希中学校・高等学校教諭の奨励と続いた。
 八田英二総長からは新島襄が亡くなる2日前に残した遺言の10箇条を示しながら「同志社は人物育成を根幹とすること。教職員は学生を丁重に扱うこと。同志社は倜儻不羈(てきとうふき)なる書生を圧迫しないで、できるだけ彼らの本性にしたがって個性を伸ばすようにして天下の人物を養成すること。入社式は初めての人と人との出会いであり、同じ目的に歩みを進めるものとして、同志社をより発展させるために歩みを進めてほしい」との歓迎のことばがあり、水谷誠理事長からは、「同志社は同じ志を持つものの結社である。昨年度の廃棄物処理に関して、ご心配をおかけしたが、法令を遵守することが求められており、良心を全身に充満させ、学園の業務に携わってほしい。また、これから皆さんが屋台骨となって働いていただく時代に向かって、教育の質をより高めていきたいと望んでいる。皆さんのご尽力をお願いする。」との挨拶があった。その後、水谷誠理事長から辞令が交付され、一人ひとりと丁寧に握手を交わした。新入社員は同志社人としての自覚と誇りを胸に刻んだ。最後に、桜井希中学校・高等学校教諭の祝祷により、入社式を滞りなく終えた。

当日の様子

当日の様子

当日の様子
 
ページの先頭へ

同志社創立135周年記念事業

創立135周年記念募金のご案内

学校法人同志社 学校一覧

同志社の文化財建築物

新島旧邸と同志社の文化財建築

新島襄永眠の地 ―forever―