学校法人同志社 HOME > News一覧 >同志社研修・交流会を開催しました

2015.8.3  同志社研修・交流会を開催しました

 

6月24日、大学今出川キャンパス良心館で、2015年度同志社研修・交流会を開催し、同志社全学校の教職員220人が参加いたしました。

同志社香里中学校・高等学校の奥村美晴教諭の司会のもと、大久保雅史 同志社一貫教育委員長の開会の挨拶に続いて、全体会に入りました。

全体会では、大学長補佐(一貫教育担当)であり、前年度まで同志社国際学院初等部・国際部校長であった西澤由隆 大学法学部教授による「グローバル化の中の同志社一貫教育」についての講演をお聞きしました。

西澤教授からは、グローバル化が加速度的に進む中、同志社は決して怯む必要はなく、むしろ、一貫教育を基軸にグローバル化を充実させていく好機、チャンスであるとの認識のもと、法人全体で一貫教育を推進するうえで、既存の取組みの改善点や新たな取組みについて具体的な提案がなされました。

分科会は、「ICT(Information and Communication Technology)教育の推進」と「スーパーグローバルハイスクール(SGH)の構想実現」の2つのテーマを設定しました。
前者では、同志社中学校でのタブレット端末の授業での活用事例の報告をもとに、同志社教育でのICTを活用した教育の推進について活発な意見交換が行われました。
後者では、国際高等学校が、今年度、文部科学省のスーパーグローバルハイスクールに指定されたため、同校がどのような教育課程を開発しようとしているのかの構想と進捗について報告があり、意欲的な取り組みに大いに刺激を受けました。

研修会の後、京都ガーデンパレスにて交流会が開催されました。女子中学校・高等学校の平松譲二教頭の司会のもと、小学校の中川好幸教諭による祈祷、国際中学校・高等学校の川井国孝校長の乾杯で始まりました。交流会は立食形式で、教科ごとに分かれたテーブルでは、各校の担当者同士の交流が図られ、他校との情報交換が行われました。

法人事務部一貫教育調整課

 
開会挨拶(大久保一貫教育委員長)

基調講演(西澤大学長補佐)

第1分科会(良心館305、反田中学校教諭)

第2分科会(良心館107、川井国際中高校長)

交流会(ガーデンパレス)

ページの先頭へ

 

同志社創立135周年記念事業

創立135周年記念募金のご案内

学校法人同志社 学校一覧

同志社の文化財建築物

新島旧邸と同志社の文化財建築

新島襄永眠の地 ―forever―