学校法人同志社 HOME > News一覧 > 中高大課外活動連携への第一歩 〜大学ラグビー部GMが法人内連携指導者に

2014.6.6 中高大課外活動連携への第一歩 〜大学ラグビー部GMが法人内連携指導者に

 2014年6月3日、大谷實総長から、大学ラグビー部GM中尾晃氏に対して、法人内諸学校の中高大課外活動連携指導者(ラグビー)を委嘱する伝達式が行われました。(=写真)
 これは、昨年度発足した全同志社中高大課外活動連携制度にもとづくもので、中尾氏の委嘱が第一号となります。
 従来、学校間の交流・連携は、個々の学校の枠組みの協働で行われてきましたが、同制度では、法人内諸学校生徒が各学校の枠組みを超えて、ひとつ同志社の名のもとに活動を同じくすることを目的としています。
 同制度では、連携例として「強化型」と「普及型」の2つのモデルを想定していますが、今回のラグビーは「強化型」に当ります。
 今後、各学校と協議のうえ、@U-18(高2含む)、AU-16(中3含む)、BU-15、CU-13,14、D指導者講習(交流)のカテゴリーで、活動を展開していく予定です。
 現在、慶應義塾、早稲田、東海、天理などの有力私大のスポーツ活動では、法人内の一貫指導を強化する動きがあり、今回の総長委嘱指導者は、こうした動きの同志社版の取り組みとも言えます。
 中高生が、法人内の他校生徒との切磋琢磨や大学生との交流を通じて、同志社の名の下に活動する新たな意義を見つけてくれることが期待されています。 

(一貫教育調整課)

伝達式
ページの先頭へ

同志社創立135周年記念事業

創立135周年記念募金のご案内

学校法人同志社 学校一覧

同志社の文化財建築物

新島旧邸と同志社の文化財建築

新島襄永眠の地 ―forever―