学校法人同志社 HOME > News一覧 > 第1回同志社 中学生・高校生 英語大会 −立石杯− Recitation & Speech Contestを開催しました

2012.2.19 第1回同志社 中学生・高校生 英語大会 −立石杯− Recitation & Speech Contestを開催しました

2月19日(日)、神学館礼拝堂において、第一回目となる同志社 中学生・高校生 英語大会 −立石杯− Recitation & Speech Contestを開催しました。

今年度、同志社法人内中学校・高等学校では、立石信雄氏からの寄付金(立石ファンド)を頂き、英語能力の向上を図るとともに国際感覚豊かで国際社会に貢献できる生徒の育成を目的として、各種プログラムを実施しているところです。今回は、その国際主義教育の一環として、第1回目となる法人内中学校・高等学校における英語大会を実施しました。

発表者は、部門を問わず各学校から3名ずつ選出することとし、当日は、中学生の部(Recitation Section)I部門(海外在住、留学経験通算1年以上の者が対象)3名・D部門(I部門以外が対象)9名、高校生の部(Speech Section)I部門4名・D部門8名の計24名が出場しました。

表彰後、審査委員長であるGregory POOLE大学国際インスティテュート所長が講評され、どの発表も素晴らしく、また差がなく、採点するのが大変であったこと。そして、ご自身の小学校時代にコンテストに出た思い出から、今日という日は、いつまでも記憶に残る素晴らしい日となるであろうと述べられました。

会の最後には寄付者として立石信雄オムロン株式会社特別顧問が、「今回参加された生徒は、同志社のために、日本のためになってくださる方々ではないか。今まで大変な練習をされてきたと思う。表彰者として選ばれた方も、選ばれなかった方も、大変だったと思う。どの発表も差がなく、全国大会でも優勝できる力がある。今回の大会は、絶対プラスになるので、自信を持って頑張って欲しい。」と目を潤ませながら語られ、続けて、今回寄付された経緯が紹介され、最後に「同志社には世界で活躍できる人材を育てる国際的な教育を期待している。」と訴え、締め括られました。

 当日は、参加者を含め150名を越える来場者があり、中高生による白熱したRecitationとSpeechに魅了されていました。

当日の様子

当日の様子

当日の様子

当日の表彰結果は、下記の通りです。(入賞者の作品は、全文をご覧いただけます。)

立石杯授与
  最優秀賞   国際高等学校   3年   森川 綾子   The Truth Behind a Rainbow Nation[PDF]
                   
高校生の部 Speech Section D部門
  優秀賞   高等学校   3年   小阪 裕里江   The Greatest Mother[PDF]
  優良賞   香里高等学校   2年   入江 光   How to Change English Education[PDF]
                   
高校生の部 Speech Section I部門
  優秀賞   国際高等学校   3年   錦織 由果   Kids, Do This at Home[PDF]
  優良賞   国際高等学校   2年   林 豊   My First Step[PDF]
                   
中学生の部 Recitation Section D部門
  優秀賞   香里中学校   2年   三木 大輔   I Have a Dream─Let Freedom Ring[PDF]
  優良賞   女子中学校   3年   明日香 紗希   MR. RUDE[PDF]
                   
中学生の部 Recitation Section I部門
  優秀賞   中学校   3年   相山 由衣   Speech in United Nations[PDF]
  優良賞   国際中学校   3年   水川 真友子   Hillary Clinton’s Speech at World Water Day 2010[PDF]
ページの先頭へ

同志社創立135周年記念事業

創立135周年記念募金のご案内

学校法人同志社 学校一覧

同志社の文化財建築物

新島旧邸と同志社の文化財建築

新島襄永眠の地 ―forever―