学校法人同志社 HOME > News一覧 > 同志社創立135周年記念「函館新島講座」を開催しました

2010.6.13 同志社創立135周年記念「函館新島講座」を開催しました

6月13日(日)、同志社創立135周年記念行事として、新島襄脱国の地である函館市の函館国際ホテル鳳凰の間において、「函館新島講座」が開催された。創立者新島襄は海外渡航が禁止されていた幕末の1864年6月14日に箱館(明治2年より「函館」と改称)から渡米しており、開会にあたり、新島が江戸から箱館へ渡った際に乗船した洋式帆船「快風丸」の復元模型が学校法人同志社から函館市に贈呈され、西尾正範函館市長が受け取った。

大谷實総長からは「同志社の良心教育」と題して、同志社の教学の理念である「良心教育」について講演があり、キリスト教を徳育の基本として、自立心と国際感覚を持った人材育成を幼稚園から大学院まで一貫して行いたい、という思いを述べ、新島の目指した教育理念の実現に向けて、誓いを新たにした。また、野本理事長からは、「新島襄の志」を演題に、憂国の情から海外の地に思いを馳せ、国禁を犯してまでも脱国した新島襄の志について講演があった。多くの人々に支えられた新島襄の志が同志社設立として実を結ぶまでの生涯が語られ、また、キリスト教を徳育の基本として設立された同志社が今後進むべき道について、教職員一同が改めて新島の思いを覚えて、教育研究に携わっていくと訴えた。

また、北海道函館水産高校の生徒達による、寸劇「新島襄と仲間たち」では、新島襄の脱国シーンを再現し、脱国に際して、友人であった福士卯之吉(成豊)、沢辺琢磨が新島襄を「夢忘るなよ」と激励する場面などが演じられた。

当日は、卒業生、校友、地元の方々を中心に約220名が参加して講演に聞き入り、盛況のうちに講座を終えた。







クリックすると拡大します

ページの先頭へ

同志社創立135周年記念事業

創立135周年記念募金のご案内

学校法人同志社 学校一覧

同志社の文化財建築物

新島旧邸と同志社の文化財建築

新島襄永眠の地 ―forever―