学校法人同志社 HOME > Information一覧 > 同志社墓地のご案内 Forever デジタルブックを公開

同志社墓地のご案内 Forever デジタルブックを公開

若王子山頂には同志社墓地があり、1890年に創立者新島襄が葬られて以来、妻新島八重や山本覚馬、徳富猪一郎など同志社にゆかりのある関係者や宣教師たちが眠っています。

墓参の道しるべとして、同志社墓地のご案内『Forever』の小冊子をデジタルブックで公開しました。

※墓参に際してご注意をお願いいたします。
若王子神社には駐車スペースはありませんので、公共交通機関をご利用ください。
若王子山頂の同志社墓地までは、若王子神社から未舗装の山道を徒歩約25分の道程です。
なお、道中は滑りやすい箇所や急な斜面もあり、野生の動物(猪・蛇など)も出没する恐れがありますので十分ご注意ください。また道中および山頂にはトイレはありません。

ページの先頭へ

同志社創立135周年記念事業

創立135周年記念募金のご案内

学校法人同志社 学校一覧

同志社の文化財建築物

新島旧邸と同志社の文化財建築

新島襄永眠の地 ―forever―