同志社墓地のご案内
9/12

Music hy Carl Wilhclm Words hy W.M. Vorics 1. One purpose, Doshisha, thy name Doth signify; one lofty aim: To train thy sons in heart and hand To live for God and Native Land. Doshisha College Song Dear Alma Mater, sons of thine Shall he as hranches to the vine; Tho' through the world we wander far and wide, Still in our hearts thy precepts shall ahide! 4. Still hroader than our land of hirth, We've learnd the oneness of our Earth; Still higher than self-love we find The love and service of mankind. Dear Alma Mater, sons of thine Would strive to live the life divine, That we may with increasing years have stood For God, for Doshisha, and Brotherhood! 。埋葬者。1新島裏(回目お・M・H回目-sc・-・MM)上州安中藩土・新島民治の第5子、長男として安中藩江戸屋敷で誕生。幻歳のとき、鎖国中の日本を脱出し、渡米。フィリップス・アカデミー、ア1モスト大学、アンドーヴァl神学校に学ぶ。1874年末に帰国。翌年、山本覚馬、』U-U22らと共に同志社を設立。1889年末に病に倒れ、ー月神奈川県大磯町で永眠。2新島八重(za--H・MlSUM-由・広)会津生まれ。山本覚馬の妹。新島裏夫人。1876年、アメリカン・ポlド(新島を支援したミッション)派遣の宣教師〉・』・回Z品ZEro吋と女子塾(同志社分校女紅場)を開昔、同志社女子部の基礎をつくる。3新島民治戸田D吋-由国吋)新島裏の父。号・是水。上州安中藩の祐筆として藩主板倉侯に仕えた。V 4速水時子(回目怠1505新島裏の第4姉。速水忠雄に嫁いだ。5広津常五郎(生没年不祥)広樟友情の叔父と思われる。広津は新島八重の縁者のひとりである。6松山高吉(-RmH申凶印)国学者。新島裏と親交があり、同志社で教授、理事を歴任。聖書の翻訳、積美歌編纂にも功績があった。讃美歌を作詞。P

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です