同志社墓地のご案内
2/12

1890年1月23日。若新島嚢は、大学設立資金の募金運動で訪れた前橋市で病に倒れ、療養先の大磯で永遠の眠りにつきました。王彼の遺体は、京都へと還り、葬儀は、27日に子同志社のチャペノレ前でおこなわれました。参列者、約3000人。生徒たちが、代わる代わる恩師新島嚢の棺を担ぎ、山今出川通から寺町通を南下し、彼の自宅の前を通り三条通へ、通を東に折れて、南禅寺へ、項そこからさらに北上して若王子山頂へと向かいました。そこは、潅木が生い茂った寂しい小山で、当時、京都の共葬墓地でした。降りしきる氷雨の中、葬列には、全校生徒も加わり、参列者が用意した何本もの轍とともに棺にしたがいました。その中には、新島を弔うためにと、r 徳富蘇峰が勝海舟に頼んだ墨書もありました。O F 彼等は世より取らんとす我等は世に与えんと欲す葬列に加わった人々の手には、何本もの峨がありました。徳富蘇峰が勝海舟に依頼した墨書「彼等は世より取らんとす我等は世に与えんと欲す(写真)」や「自由教育自治教会両者併行邦家高歳」など、真冬の空にはためいた言葉は、時を超えて今も同志社に脈々と受け継がれています。S臨《砲門事EAtm今U23?人以ttN44iv《

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です