同志社墓地のご案内
11/12

9宮田吋』・白吋ooECEhTE5)ロR品。=u・ロ2E。夫人。マウント・ホリヨlfセミナリーを車業後、1869年に結婚。神戸、京都、東京などで働いた。加山崎為徳(戸田両IHm密)熊本洋学校、開成学校(東京大学の前身)を経て、同志社に入学。第1回卒業生であり、最初の日本人教師・幹事の一人として草創期の同志社に貢献。碑文は、旨bE骨量菱自撰文.著書『天地大原因論』は、その英才をしのばせるものでdbb君民教授が英文田序を寄せている。日本崎基一室戸車同志社大学教授!理事、女学校校長を歴任。大学酸立〔専門学校帝仁よる}仁際L、新島町遺訓を守って徳富蘇峰らと募金活動に献身した。碑銘は、蘇峰によるもの。ロ堀貞一(H盟申-EU)同士粧卒業健自重量を様梼L、滋賀新司群馬で伝週後にハワイで日本人教会を牧した。海老名弾孟趣長に請われて、同志社由霊主任となり、学生生徒に幸大な感化、を与えた。回口邑苦d『H量百且(HE-匡同)アメリカン・ポlF宜数師であり、問中再吐大学の初代学長。同志社英学校開校直亙置から担年閥、教育に貢献}特に神学・経済学・政治苧仁闘する著書が多〈、近代日本町苧術の君毘に大守会最した。碑文句EEE旨EH旨EhE弘、彼自愛蘭句である。M徳富猪一郎〔同盟申同田昌号は、蘇峰b民友社を創設し、『国民之友』『国民新聞』を刊行し、明治の曹羊、知識膚に強い影響Edえた。新量の遺志を灘いで同志社盟宇野家宇野重喜EB甲邑居}同志社体操教師であり)種寮長或都Y現-vAや日本体育会の設立にも尽力した。日本最初のキリスト者陸軍軍人であり、墓石は墓地のコ管持」の位置にある。盟松本五平〔回目密ム雲)本壷宗之。同志社初期の用務員で、者島を尊敬し、永遠に新島の許にいたいと希望して洗礼を受け、また、死後も新島町「墓守」でありたいと願った。ユーモアに富む伝説的な人物で、新島は彼一を「五平さん」と敬称をもって呼んでいたという話は有名。n高木庄太郎(冨串冨M4)同志社大学車業後、同志社大学教授となり政治学を教えた。「手腕は人格の裏著者要す」がそ?トl。墓碑銘は賀川豊彦申書。台石のラテン語叶dロ回居留同aD(独立自助の人)は、ロ・言EEの撰文で、高木の遺志によって刻まれた。副大西留吉ロ留守屋福田)同志社普通学校在学中に日野真澄から洗礼を受ける£自学のため在空中に肺結核で死去。お同志社砦型基同志社関係者の希望に応えτ、1973年に設けられた。現在170名余の埋葬者氏名剖刻印されている。主な埋葬者は次回通りである。泰孝治郎(同自主題)同志社理事長。大塚節治(届勾153第目代同志社趣量、同志社大学長.住谷悦治2BE章第H代同志社緯考上野直麗(量平嵐広)第目代同志社総長・理事長1同志社大学長。盟中村栄助EEE回路)同志社社員(理事)。新島町信任が極めて篤〈、草創期目同志社ι絶夫な貢献をした。新島の永服従は、同志社の像機に際L、いくたびか臨時社長、艦長代理となって難局を切り抜けた。国会議員、府会議員、初代市会種長を歴在.碑銘は、蘇峰によるもの。沼Ed盟国鍵自ロ里町(】同甲阿国O}アメリカン・ポlF宣教師。神戸から京都に転じ新島田同志社設立計画に賛同し、山本覚馬と共に終生扇島由良き理解者として、彼を助けた。神学書の曲、新島伝も著す。dzb歯車害自唱“が遺言。,. m " 幻ma5 2 4 2 3 2 2 2 口入担313陪基紬内E置関21 2c 4 5 6 19 , 8 10 11 12 13 18 7 l' 1. 17 1.

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です